From Doctor

はしだ眼科クリニック院長 日本眼科学会認定眼科専門医 橋田節子 Setsuko Hashida, M.D., Director, Hashida Eye Clinic

経歴

平成4年3月 国立香川医科大学卒業
平成4年4月 久留米大学医学部付属病院勤務
平成7年4月 済安堂井上眼科病院勤務
平成9年4月 済安堂井上眼科病院医局長
平成11年7月 井上眼科病院付属お茶の水眼科クリニック
所長 LASIK、角膜外来担当
平成16年6月 Jules Stein Eye Institute, UCLA
Cornea-External Ocular Disease & Uveitis Division
Visiting Assistant Professor
平成18年8月 はしだ眼科クリニック開院

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会、眼内レンズ屈折手術学会
  • 日本緑内障学会
  • ARVO(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)
  • ASCRS(AMERICAN SOCIETY OF CATARACT AND REFRACTIVE SURGERY)

ご挨拶

 現代はストレス社会と言われています。身体の一部である眼も日々、様々なストレスにさらされています。
 パソコン、携帯電話、ゲーム、排気ガス、花粉、紫外線、女性は濃いアイメーク、睫毛パーマやエクステンションなど…。また、コンタクトも眼にとっては異物ですから、使い方をあやまると眼にとっては大きなストレスになります。
 眼はこれらの様々なストレスにさらされながらも、正常な状態を保とうと一生懸命戦っています。ただ時にはストレスに負けて異常をきたしてしまうことがあります。

 大切な目を守るためにも日頃からなるべくストレスを減らすように工夫してください。そして少しでも異常を感じたら、悪化する前に早めの受診をお勧めします。

 また、緑内障や糖尿病網膜症など、末期になるまでほとんど自覚症状のない眼の病気があります。どちらも放置して悪化すると失明の原因になり得ます。これらの病気は進行すると元の状態に戻すことができません。早期発見と早期治療がとても大切です。

 緑内障は40歳を過ぎると20〜30人に1人が罹っており80%以上が見つかっていないといわれています。視野検査とOCT(光干渉断層撮影)による視神経の解析は緑内障の早期発見のために大変有効です。当院では両検査とも随時行っておりますので、ご希望の方はお知らせください。

 視覚は外から入ってくる情報の9割以上を感じ取るといわれる非常に大切な感覚です。
少しでも異常を感じたら早めの受診をしてください。特に40代以降のかたは自覚症状がなくても1年に1度の検診をお勧めします。

 今後も私たちは皆様の眼の健康維持に貢献できるように努力してまいります。


Page Top

(C) Copyright HASHIDA EYE CLINIC.All Rights Reserved.本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切 禁じます。