TOPICS

トピックス一覧 > No.7

その症状、アレルギー性結膜炎かもしれません!

アレルゲン(アレルギーのもと)がすぐにわかるアレルギーの検査があります。ご希望の方はお知らせください。

アレルギーは一年を通してなる可能性があります。
血液検査で抗体を調べることでアレルゲンがわかります。
アレルゲンを調べることでアレルギー性結膜炎などのアレルギーの予防、症状の緩和につながります。

血液検査には2種類あります。

☆静脈採血による検査:静脈血を採決し、調べます。結果がでるのには数日かかりますが、検査項目の選択が可能です。

☆イムノキャップラピッドによる検査:指先からほんの少しだけ血液を採取し、検査キットを使って調べます。
20分程度で結果がわかります。お子様(3歳くらいから)でも検査可能です。

[イムノキャップラピッドによる検査]

[イムノキャップラピッドによる検査]
イメージ提供:PHADIA

参考URL

>> トピックス一覧へ戻る

Page Top

(C) Copyright HASHIDA EYE CLINIC.All Rights Reserved.本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切 禁じます。